media5 基本情報技術者学習法 通信講座
資料請求・お問合せ
基本情報技術者 通信講座の充実した教材

■難易度設定
AIがあなたの学習履歴を常にモニタリングし、選択問題では選択肢を増やしたり、減らしたりするなど、あなたにあった難易度の問題を提供します。

■傾向対策 模擬試験問題
AIが過去の試験問題を分析し、出題傾向を明確に確定し、最高の学習効率で学習することができます。



■スケジュール管理
AIがあなたの能力と性格を判断し、最適なスケジュールを提供してくれます。また学習の進み具合でスケジュールを変更し、目標に導いてくれます。

■SNS
SNSを利用することで自分の成績はもとより、みんなの学習動向が確認できます。またAIがあなたに近い学習タイプの人を探し出し教えてくれます。

   

ここがすごい!合格までのポイント
いつでもどこでもスマホをフル活用
スマートフォンやタブレットを使えば、通勤時間やスキマ時間などを利用して学習することもできます。また、学習成果や学習スケジュールの確認などができます。
詳しくはコチラ
 
専属の学習コーチが付きます!
現役講師や実際にメディアファイブの教材を使って合格したコーチと、 一人一人のスケジュール管理から、モチベージョンが下がらないように サポートしてくれるコーチで皆様を応援します。
詳しくはコチラ
 
専属のビジネスサポーターが付きます!
なによりも、資格を取る目的はお金を稼ぐことです。本通信講座は、受講生の皆さまがビジネスにかかわる、たとえば独立開業するための、方法、顧客獲得法などをサポートします。 また独立しない受講生も資格にかかわるビジネスのご相談、サイドビジネスなどのご相談を承ります!
詳しくはコチラ
 
 60万人が利用した資格対策ソフトを含む必要最低限の教材を用意!

限られた時間の中で、大量な教材は手を付けられないことも。そのため、必要最低限の教材をご用意しました!
 
  ■PC用ソフト「media5 Premier6 基本情報技術者試験」
  ■電子書籍(PDF版)
  ■SNSコミュニティで情報交換 など
詳しくはコチラ
 
メーカーだからこそ実現できたコストパフォーマンス!
  創業25年の学習ソフト開発メーカーだからこそ、今までのノウハウを活かし、実現できた価格で合格をサポートいたします。
詳しくはコチラ
 
 
今すぐ購入する
基本情報技術者とは
 基本情報技術者とは、経済産業省で実施している国家資格「情報技術者試験」の1つ。

【対象者】
  高度IT人材となるために必要な基本的知識・技能を持ち、実践的な活用能力を身に付けた者
【共通キャリア・スキルフレームワークでの位置づけ】
  「ITパスポート」がレベル1(情報化社会への基本的スキル)であるのに対し、「基本情報技術者」はレベル2という、さらなるIT業界の入り口という位置づけになり、プログラムに関するより深い知識を要求されます。
【主な役割】
  情報技術を活用した基本戦略立案、システムの設計・開発など、 上位者の指導の下に業務を遂行します。
 
今すぐ購入する
 
ネクレボはこちら