行政書士勉強法
 
傾向と対策学習で合格を
最短距離で獲得しよう!
 

STEP1行政書士の過去問の傾向を確認しよう!

 直近7年(平成23年~27年) と平成15年~22年の過去問を比較すると 一番大きい特徴は行政法の出題比率が大幅に高まっていること、民法にせまる勢いで行政法の出題比率が高まっています。そして、民法の出題比率も高まって います。
  この傾向は今後益々強まることが予想されますので、まずはこの民法、行政法を重点的に学習することがよいでしょう。

平成15~22年の過去問カテゴリー出題数
出題回数
出題カテゴリー
割合
73
民法
14.6%
64
憲法
12.8%
51
行政法
10.2%
43
地方自治法
8.6%
37
行政事件訴訟法
7.4%
35
一般知識(文章理解)
7.0%
33
商法・会社法
6.6%
24
行政手続法
4.8%
24
行政不服審査法
4.8%
23
一般知識(社会)
4.6%
20
一般知識(情報通信)
4.0%
18
基礎法学
3.6%
17
一般知識(経済)
3.4%
14
一般知識(政治)
2.8%
13
国家賠償法
2.6%
10
一般知識(個人情報保護)
2.0%
直近5年の過去問カテゴリー出題数
出題回数
出題カテゴリー
割合
99
民法
16.9%
94
行政法
16.1%
76
憲法
13.0%
44
行政事件訴訟法
7.5%
44
商法・会社法
7.5%
36
地方自治法
6.2%
30
行政手続法
5.1%
24
一般知識(社会)
4.1%
24
一般知識(文章理解)
4.1%
20
基礎法学
3.4%
19
一般知識(政治)
3.2%
16
行政不服審査法
2.7%
16
一般知識(情報通信)
2.7%
15
国家賠償法
2.6%
14
一般知識(経済)
2.4%
14
一般知識(個人情報保護)
2.4%

STEP1出題頻度の高いカテゴリーの用語をマスターしよう!

民法 頻度順重要用語
 1.物
 2.契約
 3.期間
 4.無効
 5.第三者
 6.取消し
 7.登記
 8.委任
 ・
 ・
 ・
 まずは、最も出題頻度の高い「民法」の重要用語を確認しましょう。
特に高い割合で問題文中に出る重要用語はしっかりチェックしましょう。

STEP1カテゴリーごとに直近の過去問題を解いて出題パターンを理解しよう!

 行政書士試験は過去問の定位置にその類題が必ず出題されます。したがって、まずは「民法」の過去問5年分をマスターし、カテゴリーごとにその類題を研究しましょう。

STEP1過去10年の過去問題を解いて、さらに理解を深めよう!

 さらに、「民法」の過去10年の試験問題を学習して、より理解を深めましょう。

他のカテゴリーもSTEP2~4を同様に繰り返して勉強していきましょう!

 
メディアファイブの教材で
学習しよう!

メディアファイブの教材は
合格率60%以上

メディアファイブ教材を使用すると多くのユーザーが短期間で学習効果があることがわかりました。
Aさん(男性 37歳)の場合
《学習時間》
平均5.3分

《勉強回数》
123回学習

《総学習時間》
657分

Bさん(男性 40歳)の場合
《学習時間》
平均6.2分

《勉強回数》
68学習

《総学習時間》
421分

Cさん(男性 42歳)の場合
《学習時間》
平均6.3分

《勉強回数》
55回学習

《総学習時間》
347分
※全資格試験のユーザーアンケートから集計した数値です。
行政書士を最短距離で合格させる強力な武器のご紹介!
どのソフトで勉強しても、学習履歴はSNSサイト「ネクレボ」に集約されるので、進捗状況が一目瞭然です。複数のソフトをお使いいただくことがオススメです。
 
いつでもどこでもスキマ時間で勉強するなら
ネクスタなら、スマホやタブレットで通勤時間や外出時などのスキマ時間を活用して勉強できます。
 
 

 

 
五感をフル活用して勉強するなら
media5 Premier Vなら、パソコンならではの多数機能を使って、効率的な勉強が可能になります。
 
 

media5 Premier6

毎日5分の通勤通学の合間に学習するなら
「ナナミのスマホで」シリーズは、ナナミと一緒に楽しく学習できるAndroidアプリです。髪型や服を着せ替えて、あなた好みのナナミを作ろう!